眠りたいのになぜ・・・~睡眠障害を考える~

こんにちは。心理士のSenaです。

今日は、【睡眠障害】について考えてみようと思います。

眠れない、寝付きが悪いなどというのはよく会話にでてきますが、どのくらいの人が困っているのでしょうか。厚生労働省ではこんなデータがあります。

日本では、一般成人のうち約21%が不眠に悩んでおり、約15%が日中の眠気を自覚しているという調査結果が出ています。つまり、成人の5人に1人、つまり1500万~2000万人の人が不眠に悩んでいると推計されるのです。つまり、睡眠に困り感を持っていることは特別なことではなく、周囲も感じているごく普通の悩みなのです。

さて、睡眠障害というと、不眠症を思い浮かべる方が多いかと思いますが、実は他にも様々です。

大きく分けて、5つのタイプに分けることができます。

入眠困難

字のごとく、布団に入ってから寝付けないという状態です。いつもなら眠くなる読書や、お酒を飲んでも眠れず時間ばかりが気になってしまう。気づくと眠っていたが、明け方になることも。

中途覚醒

夜中に何度も目が覚めてしまい、そこから寝付けない時間が続く状態です。目が覚める度に時計を確認し、1時間程度しか経っていないこともしばしば。

早朝覚醒

いつも起きている時間よりも早く目が覚めてしまい、そこから眠ることが出来ない状態です。今までは眠れていたのに眠れず、イライラしてしまい悶々としているうちに朝になることも。

熟睡困難

睡眠時間はしっかりと確保しているはずなのに、朝起きたときに『よく寝た』感じのしない状態です。あまりスッキリした目覚めではなく、日中もぼーっとしてしまうこともしばしば。

過眠

実は眠りすぎてしまうことも睡眠障害です。よく寝ているつもりなのに、昼間もずっと眠気が収まらない、起きていなければいけないとわかっている時なのに眠ってしまうことなどです。

 どれかに当てはまるものはありましたか?2つ以上に当てはまる方もいるのではないでしょうか。

 睡眠障害は眠れないことだけではないことがわかったところで、原因について考えてみましょう。

まず、環境などの睡眠衛生の問題が関係しているかもしれません。

とはいえ、睡眠衛生とは何のことでしょうか?あなたの身体以外で睡眠の質を決めるものです。

たとえば・・・

・寝室環境・・・部屋の明るさや、騒音の具合、テレビやスマホの音や明かりなど

・睡眠習慣・・・寝る時間や起きる時間のサイクルなど

・嗜好品・・・ついつい寝る前に飲んでしまうコーヒーなど

一度見なおしてみてもいいかもしれませんね。

また、眠れない・・・と悩んでいたら、違う病気だったということもあります。

よく挙がるものが、『睡眠時無呼吸症候群』です。

これは、睡眠薬が逆効果になることもありえますので、注意が必要です。

ここまでは、睡眠の環境や他の病気との関連を見てきましたが、それとは違い、皆さんが一番思い当たるであろう、いわゆる

ストレスを感じて眠れない・・・

というパターンです。

悩み事やストレスを感じていると実感のある方、全然わからないけど、突然眠れなくなってしまった方も多いかと思います。

心の病である、うつ病でも、症状の中に睡眠の問題が入ってきます。

毎日の生活の中には、職場でのストレス、家族の中でも様々なことが起こり、何も考えずに夜を迎えることは難しいのかもしれません。あまり大きなことでなければ考えないようにして眠ることができたい、悩んでいても朝になったら忘れてしまったということもあるでしょう。しかし、睡眠を取る時間は静かで暗くなり自分のことを考えやすい時でもあるので、気になっていることがあると、ずっと頭は考え事で占められてしまって冴え渡ってしまうのではないでしょうか。

心で感じたストレスや不安な思いは身体にもサインとして現れてきます。

生きていく上で大切な睡眠が脅かされているということは、心が困っているサインなのです。

薬の服用で眠れるようにもなりますが、根本の解決にはなかなかつながりません。

誰かに相談をして、話したり、呑んだりする中で解決できることもたくさんあるでしょう。しかし、自分のとても弱い部分は知っている人だからこそ言い難かったり、評価につながってしまうのでは?という思いも出やすいこともあります。

知っている人では・・・という方は、戦士の休息で話してみるのはどうでしょうか。

同僚や上司・後輩ではなく、専門家と話すことで、慰めたり励ますのではなく、ストレスの要因を考えたり、その解決方法を考えることで、次の似たような状況でも乗り越えていけるようになるかもしれません。

心理士 Sena

 

ビジネスマン専門カウンセリングルーム「戦士の休息」

 

〒450-0002 名古屋市中村区名駅四丁目26-7名駅UFビル9F

 

TEL:052-446-5085

 


メンタルヘルス ブログランキングへ