現職に関する悩み相談~バカな取引先の相手を見ると、嫌になる~

こんにちは。

心理カウンセラーのKuricoです。

 

今回は、【バカな取引先の相手を見ると、嫌になる】という内容について考えていきます。

他の企業との商談や打ち合わせなど、勤め先によって頻度は違っても、

お勤めをしている以上は、何度か経験する業務ではないでしょうか。

これは、身内の会議とは違った緊張感や責任感を伴うと思います。

 

また、一概に取引先といっても、その相手はさまざま。

取引先との関係づくりは、共に仕事を行っていく上で重要な基盤となりますが、

話がなかなか進まない、相手に失礼な態度をとられた、

こちらの意図が伝わらないなど、いろいろな苦労があると思います。

時にはトラブルにまで発展することもあるでしょう。

 

ついには、取引先の相手に嫌気がさしてしまい、

なぜこんなバカな相手と話さなくてはならないのかと苛立ち、

取引先に会いに行くことが億劫になると思います。

 

その気持ちのまま、取引先の相手に会っても、

バカだという気持ちがどうしても先に出てきてしまい、

そのようにしか相手を見られなくなる可能性が出てきます。

そのような決めつけは、取引先との関係に不利に働いてしまいます。

それでは貴重な取引がもったいないものとなってしまうでしょう。

 

では、どうすればよいのか。

その時、『自分は相手をバカだと思うのは何故なのか?』

そのことについて、少し立ち止まって考えてみましょう。

 

ひとつめに、焦点を自分に当ててみましょう。

何が自分を苛立たせるのか。

自分の中に、ここだけは譲れない価値観があるのではないか。

自分の思う礼儀とはなにか。

自分の考え方の癖を見直してみることは、自分への発見のみならず、

相手への考え方も変化させます。

ただし、自分の考え方の癖を知ったとしても、

それを悪いもの、あるいは排除しなくてはならないものであるとは

思っていただきたくありません。

自分と周りは違って当たり前なのです。

しかし、自分を知ろうとする力は、相手を知る上で大きな強みになります。

 

ふたつめに、焦点を相手に当ててみましょう。

そのためには、相手の話を徹底的に聞いてください。

そして、相手の考え方の癖を見つけましょう。

これは自分の考え方の癖を見つけるよりも、難しいかもしれません。

しかしその姿勢を少しでも持つことで、相手との関係は確実に変化します。

それは劇的に変化するものもあれば、徐々にやってくるものもあるでしょう。

 

取引先との関係づくりは、とても忍耐力のいるものです。

辛抱強く、自分と向き合い、相手と向き合ってみてください。

心理カウンセラー Kurico

ビジネスマン専門カウンセリングルーム「戦士の休息」
〒450-0002 名古屋市中村区名駅四丁目26-7名駅UFビル9F

TEL:052-446-5085