パートナーに関するお悩み~夫が自分の気持ち・愚痴を一切言わないので、心配

こんにちは、心理テスターのさかなです。

引き続き、女性のみなさんの、パートナーに関する悩みについて考えていきます。

今回は【夫が自分の気持ち・愚痴を一切言わないので、心配】についてです。

この心配の中身については

・特に仕事の話をしない

・連絡もマメにしない

・自分の中でストレスを溜めすぎる

・下痢や頭痛など身体に現れる

と多岐にわたる理由がありますが、今回は『自分の中でストレスを溜めすぎる』という心配から考えていきたいと思います。

なぜ旦那さんはストレスを貯めすぎてしまうのでしょうか?

 

一番の原因としては『日本の固定観念』にあると思います。

当院代表・熊木の文章にもありましたように、

日本では、「顔で笑って心で泣いて」「男は背中で語る」「男は黙って●●ビール」等、

自分を表面的にわかりやすく出さないことが“男の美徳” と考えられてきました。

ジェンダーを叫ばれている現社会でもこの風潮は今も変わりなく存在していると思います。

実際、あいち熊木クリニックの受診の割合も男性の方が少なく、

また男性の方が初診の段階で重症化した患者さんが多くいらっしゃるという点でも否定はできないと思います。

なので奥さんが旦那さんに「心配しているよ」とつげてもなかなか話してくれません。

それは「ストレスがないから語らない」のではないと思うのです。

人間生きているだけで、ストレスが少なからず存在します。

一番ストレスがかかることは人と関わることだと学びました。

仕事をされているのであればなおさらだと感じます。常にストレスに晒されているのです。

 

そんな旦那さんのために、どうすればいいか?

それは旦那さんの一番近くにいる奥さん自身が旦那さんのために行動を起こすことがいいのかもしれません。

発散のきっかけを作ってあげることが大切だと思います。

例えば、カラオケにつれていく、体を使ったり大声を出したりして発散できる場所につれていく等でもかまいません。

わたしは、ストレスの発散方法は「愚痴を聞く」だけではないと思うのです。

言葉では語りたがらない旦那さんにたいして、こっそり支えてあげることもひとつの手だと考えます。

 

私はこの悩みを聞いた際、旦那さんのことを考えてあげられるなんて素晴らしいなと思いました。

人を心配し、気遣うことは、なかなかしてあげられないものです。とても温かな気持ちを感じました。

その気持ちを大事にしてほしいなと思います。

そんな旦那さんへの心配を助ける意味でも当院は力になります。

旦那さんを心配しているのなら、その心配の気持ちをカウンセラーが伺います。

旦那さんを支えてあげられるのは一番近くにいる奥さんです。

そんな奥さんが旦那さんの心配でいっぱいいっぱいになっていたら、

心配している旦那さんの支えになりえないと思うのです。

深刻化するその前に、まずはあなたが吐き出してみませんか?

 

心理テスター さかな

ビジネスマン専門カウンセリングルーム「戦士の休息」

〒450-0002 名古屋市中村区名駅四丁目26-7名駅UFビル9F

TEL:052-446-5085

 

 


メンタルヘルス ブログランキングへ