現職についての悩み相談~ミスしたときの周りの反応が気になる

 

こんにちは、さかなです。

今回も自分なりに考えたことをここに載せていこうと思います。

今回は【些細なミスおかした場合でも、周りの人がどう思っているかが気になる】という悩みについてです。

 

どう思ってるか気になる

確かに気になりますよね!

・自分のミスを影で笑い者にしてるのではないか

・足引っ張るやつだと思われたのではないか

等、さまざまな心配がよぎります。

 

わたしはそんなときこう思うようにしています。

「同じ過ちは繰り返さないようにしよう。 この失敗は次で取り返そう。」

 

つまりは『反省』をするということです。

悩みの答えになっていないかもしれません。

しかし私はこう思うのです。

 

些細であれども、ミスをしたことで、いい感情を持つ人はまずいないでしょう。

しかし、そのミスを絶対に許さないとする人もいないと思います。

 

ミスしなければと『後悔』をするのではなくて、

同じミスをしないように『反省』に繋げることが大切だと思うのです。

 

これは私の経験談です。

飲食店のアルバイトをしていてお皿を割ってしまいました。

それに対する周りの反応が冷ややかに思えて仕方がありませんでした。

自分の失敗で周りに迷惑掛けた!嫌われた!なんて使えない人間!この仕事向いてないのかな…

まで思いつめました。

バイトがおわり怒られると思っていた店長の第一声は

「怪我しなかった?大丈夫?」

と怒るどころか心配の声をかけてくださいました。

「しょっちゅう割られたら困るけど、手がすべるときくらいはあるよ」

周りを気にしたところで、自分の考えすぎだったのです。

ミスをした私に掛けてくださった店長の言葉に救われました。

 

私の場合がまれで、実際ミスをしたら怒られるでしょう。

しかし、相手は自分の事を嫌いだから怒ったのではなく、失敗したから怒ったのです。

自分のミスに『後悔』してるだけでは、また新たなミスを生みます。

自分のミスを『反省』し、ミスを繰り返さないよう成長することが、周りを気にするより大事なことだと思います。

 

また、わたしが心がけているのは自分自身も、他人のミスに寛容になることです。

前述した体験があるので私自身も同じようにミスをしてしまった人にフォローの声かけをしています。

カバーやフォローをしあえる関係があれば、「些細なミスをした場合でも、周りが気になる」ことがなくなるのではないでしょうか。

 

 

心理テスター さかな

ビジネスマン専門カウンセリングルーム「戦士の休息」

〒450-0002 名古屋市中村区名駅四丁目26-7名駅UFビル9F

TEL:052-446-5085