1.カウンセリングについて

(1) カウンセリングってどんなことをするの?

 

カウンセリングでは、心理カウンセラーがお困りの内容を丁寧にお聞きし、あなたにとって最良の“生き方”を一緒に模索していきます。その過程は、このように例えられることがあります。

 

暗い森の中で、あなたは今自分がどこにいるのか、どこに行くべきなのかも分かりません。

わたしたちは、そんなあなたの横を一緒に歩いていきます。

先に行って道を示すのではなく、手を引っ張るのでもありません。

また、あなたの後ろを着いて行くのでもないのです。

ただ横にいることに、意味を感じられない人もいるかもしれません。

しかし、道も分からず不安な状態で、誰かが常に横にいてくれることで安心感が生まれることもあるでしょう。

 

よく「アドバイスが欲しい」「どうしたらよいか教えて欲しい」と言って来られる方がいらっしゃいます。ですが、カウンセリングでは基本的にアドバイスはできません。

確かに、アドバイスを言ってもらえると、その瞬間は安心することができるでしょう。ですが、すぐにまた違う不安が次々と生まれ、尽きることはないでしょう。

カウンセリングではそういった刹那的な安心を目的としていません。カウンセリングは、不安をなくそうとするのではなく、不安とうまくつき合っていけるようになることを目指しています。そのためには、たくさん悩むでしょうし、つらいこともあるでしょう。ですが、あなた1人で抱え込まないように、不安に押しつぶされてしまわないように、そのためにカウンセラーがいるのです。

なにか問題が起きた時、一人では考えが堂々巡りで解決しないことはありませんか。

昔のトラウマティックな出来事や、家族関係の確執を今でも抱えており、苦しんではいませんか。

いつも同じようなパターンの問題を繰り返し、行き詰まってはいませんか。

周りの人に相談してもちゃんと話を聞いてもらえない、わかってもらえないという思いを抱えてはいませんか。

そのような思いについて、じっくりと時間をかけてわたしたちとお話してみませんか?お話していく中で、思考の整理や、抱えきれなかったものを共有する体験を通して安心感を得ることにつながるかもしれません。

カウンセリングの効果には個人差があり、かかる時間も人それぞれです。一人ひとりのご希望や、お悩みに合うように工夫しながら進めていきますので、どうぞ安心してお越しください。

 

(2) 心理療法

 

当院には、認知行動療法、来談者中心療法、精神分析的心理療法をそれぞれ専門とするカウンセラーが在籍しております。

 

(3) 心理検査

 

心理検査は、もともと持っている自分の能力や、性格傾向、考え方のクセ、行動のパターン、こころの状態など、自分のことを知るためのものです。これが正しいといった答えはなく、今抱えている悩みや困りごとに対し、個々人に合った対応やつき合い方を探すために用いられます。

また、自分の強みを生かしたい方にとっても、心理検査は役立ちます。