彼のギャンブル、どこまで許せる?どこまで関わる?

こんにちは、心理カウンセラー星史朗です。

街のあちらこちらで、クリスマスツリーを見かける季節となりました。

年末に向けて、楽しい計画をされている方も多いのではないでしょうか。

 

さて、美魅子さんも彼との素敵なクリスマスの予定があるようですが、

その彼は少し困ったところがあるようです。

 

「私の彼はパチンコが好きで、平気で3万負けたりします。私は彼の奥さんではないので、あまりパチンコにお金を使わないほうがいいというのもでしゃばりのような気がするのですが、彼のような人は、結婚してもギャンブルを続けるものなのでしょうか・・・。」

 

彼との結婚を視野にいれている美魅子さんが、気になるのも当然ですよね。

 

さて、彼のパチンコは趣味の範囲でしょうか、それとも依存症と考えられるような感じでしょうか。まずは、そこが問題となります。

ひとつの指標となるものに、ギャンブラーズ・アノニマスの20の質問というものがあります。

これで依存症かどうかが判断できるわけではありませんが、パチンコへの関わり方がどの程度のものかをみる参考資料となるものです。

以下のアドレスに掲載されていますので、一度試してみてはいかがでしょうか。

www.gajapan.jp/20question.pdf

 

結婚式も貯めたいし・・・

無駄遣いを少なくし、パチンコから少しでも遠のいてもらうために美魅子さんにできる事を考えてみましょう。

まず、ふたりで損をしてもいいお金をあらかじめ決めておきましょう。

そして、パチンコには美魅子さんも一緒に行くようにして、徐々に回数を減らしていく。

また、パチンコで儲かったお金はふたりの貯金としてください。

勝ったお金で遊んだり、プレゼントを買ってもらったりしないようにしましょう。

パチンコで勝った以上の楽しみや喜びといった、2次的な幸福感を味わうと、より正当化されてしまう危険性があるので避けましょう。

そして、「パチンコを卒業できない人とは結婚できない!」とはっきりと伝えることも必要かもしれませんね。

 

美魅子さんの彼よりもパチンコへの執着が強く、依存症なのではないかと疑われるような場合は深刻です。

頭で分かっていてもパチンコが止められなくなっている。それが進んでいくと、多額の借金をしてもパチンコをするようになり、多重債務を背負い、家庭自体が崩壊に・・・

最悪の場合、犯罪や自殺なんてことにもつながりかねません。

 

結婚する前に、まずは専門的な治療をお勧めします。

簡単に捉えずに、腰を据えてしっかりと向き合っていくことが必要となります。

 

あいくま心理カウンセリングでは、これまでの経験の蓄積より、ギャンブル依存症の方それぞれに合った方法をご提案させていただき、対応させて頂いております。

ぜひ、一度ご相談くださいませ。

 

心理カウンセラー 星史朗

 

あいくま心理カウンセリング
〒450-0002 名古屋市中村区名駅四丁目26-7名駅UFビル9F
TEL:052-446-5085


メンタルヘルス ブログランキングへ