夫がギャンブルをやめようとしないワケ

こんにちは、心理カウンセラーNicoです。
師走の慌ただしい雰囲気で溢れていますね。
みなさん体調など崩されてはいませんでしょうか。

さて、今回はAさん(30代女性)の「夫がギャンブルをやめると何度も言うが、やめる気配がない」というご相談です。

お酒、タバコ、ギャンブルなど、いわゆる「嗜好品」と呼ばれるものは、
やらない人にとっては理解できないものである場合が多いです。
お酒やタバコはまだ身近ですが、ギャンブルに関して言えば、やらない人は場所に出入りすることさえしないため、
特に理解しにくいものといえるでしょう。

「お金もかかるし、パチンコ屋に行けばタバコの副流煙も吸ってくるし身体にも悪い。どうして行くのか理解できない。。」
そんな風にお思いのご家族も多いのではないでしょうか。

そんな奥さんの思いとは反対に、当人は空いた時間があればパチンコにお金をつぎ込みます。
一ヶ月のお小遣いはすぐになくなり、さらに程度が増すと生活費に手を出したり、クレジットカードを使い込む…
家計を切り盛りする奥さんは、きっとご主人にこういうでしょう。
「パチンコなんかにお金使ってる余裕はないの!もうやらないで。」
ご主人は条件反射のように「わかった、もうしないよ。」といいます。
しかし次の週、また隠れてパチンコ屋に行ってしまうご主人をみて、落胆のため息。

今お話したことはほんの一例ですが、同様のやりとりがAさんの日常でも繰り返されているのではないかと思います。

さて、Aさんのご主人は、どうしてギャンブルをやめられないのでしょう?

パチンコがやりたくてしょうがないのか
そもそも止める気がないのか
頭ではやめたほうがいいとわかっているけどやめられないのか
やめたい気持ちはあるが、やめられないのか

それぞれの段階で理由は異なってきます。
まずはご主人がどの段階にいるのかを考えてみましょう。
これまでの習慣を止めるためには、本人のやめようとする意思が必要不可欠です。
本人が止める気がないのに、奥さんが「やめて」といくら言ったとしても、なかなか聞き入れてもらえないでしょう。

では本人が止める気がなさそうなときは、奥さんとしてどう対応したらいいのでしょうか。
最初の話に戻りますが、ギャンブルをしない人にとっては、ギャンブルをすることが理解できないという場合が多いでしょう。
ご主人がどうしてギャンブルをしたくなってしまうのか、しなくてはいられない状況なのか、を理解しないままに、
頭ごなしに「やめて」と言ったことはないでしょうか?

なにかを変えたいときは、まずは「理解すること」が最初のステップになります。

私たちカウンセラーは、初回の面接において、ギャンブルを行うことでご本人は何を得ているのかを詳細に理解しようと努めます。
ギャンブルをすることの理由は、ストレス発散だったり、退屈しのぎだったり、お金を得るための手段だったり、ゲーム性へのスリルや興奮のためだったり…と人によって、またその時の状況によって様々です。
それらを理解した上で、ご主人の生活を成り立たせる上ためにこれまでギャンブルが担っていた部分を、別の行動で置き換えられないかを探していきます。

本人がギャンブルをすることで、何を得ているのか。ギャンブルの魅力はなんなのか。なぜやめられないのか。
一緒に家計を支える家族だからこそ感情的になってしまい、冷静に話し合うのは難しいかもしれませんが、
一度こんな視点も入れて話し合ってみるのは、問題解決の一歩につながるかもしれません。

ご家族だけで解決が難しいと思われた際には、ぜひ一度当院にご相談くださいね。
今回お話したように、ご家族がどのように本人と関わっていけばいいのかをカウンセラーと相談することも可能です。
お気軽にお問い合わせくださいね。

心理カウンセラー Nico

あいくま心理カウンセリング

〒450-0002 名古屋市中村区名駅四丁目26-7名駅UFビル9F
TEL:052-446-5085


メンタルヘルス ブログランキングへ