ママのお悩み~ママ友が作れない~

こんにちは。心理士のSenaです。

11月に入り、一段と寒くなってきましたね。

 

今日は、子育て中のママたちの悩み『ママ友が作れない』ことについてです。

ママ友。

子どもをもつお母さん同士のコミュニティ。

子育ての情報交換や、日々の大変さを共有できる場でもあるのでしょう。

しかし、その中に上手く入っていけない、ということが悩みになっている方も少なくないようです。

 

さて、ママ友、と言いますが、友だちとはどう違うのでしょうか。

ママ友はあくまでも「子どものお友達のママ」なのです。

つまり、直接の友人ではなく、ある程度の距離を取りながらお付き合いをしていく相手です。

 

ではそんなママ友はどうやって作ればいいでしょうか。

様々な場所で子どもを持つママ同士は顔を見ます。

そこで、じっと俯いて誰かに声を掛けられるのを待ってはいませんか?

誰かが声を掛けてくれたら…なんて言っていたらいつになっても難しいかもしれません。

 

まずは当たり前ですが、【あいさつ】

ママ友ではなくても学校・保育園・公園で会えばあいさつはするものでしょう。

それを怠ってしまうと、対人関係が全体的に広がらないでしょう。

そして、あいさつをいつもしているママが出てきたら、次のステップです。

 

【あいさつに付け加える】

ということ。つまり、近所の方とのおしゃべりと同じで、暑い・寒いなどなどの話題を振ってみましょう。

こうやって少しずつ話ができるようになっていけるといいかもしれませんね。

 

さて、少しだけ視点を変えたお話をしてみましょう。

ところでどうしてママ友が欲しいのでしょうか。

子育てをしながら仕事をしている人も多くなり、保育園の送り迎えの一瞬しか他のお母さんと会う機会がない、という人も結構いるのではないでしょうか。

時間的にもあまり無い人でも、ママ友がいない!と嘆く人もいますが、

『ママ友がいない自分』だと浮いているように感じたり、価値がないように感じてしまうのかもしれませんね。

また、『ママ友がいない=いい母親ではない』となってしまうかもしれません。

 

先程も書きましたが、ママ友は、友人ではないのです。

自分の子育てを相談したりおしゃべりする相手が子どもの友だちのお母さん、でなければいけない必要はありません。

ご自分の信頼できる人がいればいいと思います。

 

今回は書きませんでしたが、ママ友にはトラブルや人間関係の難しさもはらんでいます。

いつも巻き込まれてしまう、と感じるそこのママ。

もしかすると貴方の周囲の人との付き合い方のクセが出ているのかもしれません。

ここでそのクセについて知るのもいいかもしれませんよ。

 

心理士 Sena

 

ビジネスマン専門カウンセリングルーム「戦士の休息」
〒450-0002 名古屋市中村区名駅四丁目26-7名駅UFビル9F
TEL:052-446-5085


メンタルヘルス ブログランキングへ