あなたにとっての「仕事」とは?~価値を明確化することの意味~

こんにちは、心理カウンセラーのNicoです。
秋も深まり紅葉が見頃の季節になりましたね。

今日はAさん(20代女性)のお悩みについて考えていきます。
“自分に向いている仕事がわかりません。今の仕事を続けた方がいいのでしょうか。”

入社したての頃は、右も左もわからずとにかく仕事を覚えるのに必死な毎日。
それから数年経ち、仕事には慣れてきたけれど、なんのためにこの仕事をしているのかわからなくなってきた…といった状況なのでしょうか。

仕事は多くの方にとって生活の大部分を占め、重要な意味を持ちますよね。
日々懸命に取り組んでいる仕事だからこそ、ふとしたときに「このままでいいのだろうか?」と思い悩むことがあるのだろうと思います。

さて、まず始めに質問を投げかけたいと思います。

みなさんは、「仕事」をどのように位置づけていますか?

生活するためのもの
お金を稼ぐためのもの
やりたいことを実現するためのもの
自分の力を試す場
成長の場

など様々あると思います。
こうして立ち止まって考えてみると、ほとんどの場合、仕事は何かしらの目的を達成するため(維持するため)の手段であることがわかりますね。

わかりきったことのように聞こえるかもしれませんが、
本来何かの手段として始めた仕事が、いつの間にか仕事をすること自体が一番重大なことのように感じてしまうことが多いのです。

仕事が生活の最優先事項になることで、家族や友人と過ごす時間が減ってきたり、
精神的に辛くなっていくことが少なくないのではないでしょうか。

私たちカウンセラーは、相談にいらした方が
「将来どんなご自分になりたいのか」
「何を価値と感じるのか」
を大事にしながらカウンセリングをしていきます。

自分が大事にしたいこと、将来ありたい姿
それはあなたの人生の目的に当たります。

目的を明確にした上で、そこに到達するための手段を考えていきます。

仕事を変えるべきか、どんな仕事が自分に向いているのか、わからなくなっている方は、
ご自身にとっての人生の目的、なりたい姿を立ち止まって考えてみてはいかがでしょうか。

改めて掘り起こしてみることで、今の仕事に対する意味付けが変わってきたり、
進むべき道を明らかにするヒントが得られるかもしれません。

あいくま心理カウンセリング
〒470-0136  愛知県日進市竹ノ山2-1321
TEL:0561-75-5707


メンタルヘルス ブログランキングへ